カテゴリ:ひとりごと( 26 )


2005年 04月 28日

孤立する日本?

竹島(独島)問題で日韓関係が悪化し、教科書検定靖国で日中関係が悪化している。勿論北朝鮮との関係は良いはずがない。竹島については日本にも言い分があり、デモ隊の一部の暴力的行為と中国政府の放置は許されない。
しかし隣国3国との関係が全て悪化しているというのは、やはり外交の失敗と言わざるを得ないのではないか?
かような状況でも勇ましいタカ派的言論がもてはやされる。しかしこれは失業・貧困・二極分化などで不満を抱える国民の目をそらすためのものであり内政の失敗を誤魔化すものでしかない。
憲法をかえたらかかる状況が良くなるとは到底思えない。現行の素晴らしい憲法があってすらこの状況である。憲法をかえろというのは、やはり権力者に対する不満をそらす方便に過ぎない。まるで中国政府が人民の不満を反日で受け流しているのと同じである。
[PR]

by notarmirude | 2005-04-28 08:22 | ひとりごと
2005年 03月 22日

放送の公共性~既存テレビは公共性を守っているか?サラ金CMの視点から~

ライビドアVSフジテレビが連日報道される。本当のところが何なのか残念ながら当事者たるテレビの報道では真実が分からないので今のところどちらにも組みできない。
しかしフジテレビ保護派と思われる論者は盛んに放送の公共性を訴える。もし既存テレビが公共性を保っているならばそれは分かる。しかし現実はどうであろう?
サラ金のCMを民放各社は垂れ流しである。武富士の事件も小さく小さしか報道しなかった。利息制限法を超える生活破綻必至の違法金利で商売を営むサラ金のCMを垂れ流しながらその社会問題性を訴える立場からの言論を一切報道しない民放各社は公共的だとは言えない。サラ金から多額のCM料金をもらってそれに依存しているからだ。サンプロが日栄問題を報じたのは問題が表面化した後のことだ。アイフルは?アコムは?プロミスは?せめて取立の現場をCMにしてほしい。利息制限法を超過する金利を支払う義務がないという真実を報じてほしい。
もっともライブドアも消費者金融へのスタンスは?である。しかし電波の公共性などというのは偽善である。スポンサーや大企業や一部資産家あるいは政治の支配からの解放と公共性の回復という面ではインターネットとテレビの融合がむしろ望ましい効果があるのかもしれない。結局担い手の問題か・・・
[PR]

by notarmirude | 2005-03-22 01:04 | ひとりごと
2004年 10月 24日

民主党は相乗り選挙をやめよ

岡山県知事選も,自民・民主・公明・社民推薦の候補が,共産推薦の候補を圧倒した。ただでさえちっぽけになった共産党に,4党がスクラムを組んで襲いかかるのだから当然の結論である。勝って当たり前の翼賛選挙で当選確実を決めて取り巻きと一緒に万歳三唱をする映像は,あまり格好の良いものではない。しかし地方選挙では良くある構図である。
民主党が本当に政権奪取をするのであれば,地方選挙においても自民党との相乗り選挙は止めなければならない。国政で争いながら地方で相乗りであれば,選挙民は,民主党を信用しないであろう。しかも時たま,無所属市民派候補(+共産の事実上の推薦)が当選することもある。市民派候補こそ民主党の原点のはずであるのだが・・・民主党の本来の姿勢からいくと無駄な公共事業である神戸空港建設などにも反対しそうだが,どうも地方となると別のようである。しかし,本気で自民党から政権を取るのであれば,地方選でも相乗りはやめるべきである。選挙をつまらなくして,選挙民の選挙への関心を薄めている(その結果国政でも投票率を下げて自分の首を絞めている。)のは,実は民主党なのではないか?岡山知事選4党相乗り候補の当確のニュースを見てそう感じた次第である。
[PR]

by notarmirude | 2004-10-24 21:12 | ひとりごと
2004年 10月 23日

台風23号被害~豊岡

兵庫県豊岡市が被った水害については,台風23号被害情報のホームページで整理されています。わが国は天災(及び人災)列島です。天災(及び人災)からの自衛に国力を注ぎ,国民を保護しましょう。わが国の天災(及び人災)事情に世界も理解してくれるはずです。そして防災・災害救助技術を世界に発信していきましょう。
[PR]

by notarmirude | 2004-10-23 00:23 | ひとりごと
2004年 09月 19日

オリッ鉄合併国民投票

それにしてもプロ野球2リーグ制・合併問題に対する国民の思いは熱い。スト権なんて一般企業では死語に近い。経営者の意のままとなる御用組合とそれかあぶれた共産党系労働組合への差別(というより,イジメ)が恒常化した,さらに労働組合自体が死滅しそうなわが国の悲しき労働事情にもかかわらず,プロ野球選手会のストに対する支持は高い。古田選手は支持されるが,「沈まぬ太陽」の主人公は左遷されまくった・・・これをきっかけに健全な労働運動が市民レベルで見直されると幸いである(かつての労働運動は労働組合なら何をしてもいいのだというおごり上がったため自滅し,冬の時代を迎えた。)。
これほどの国民的論議は年金のときだってイラク派兵のときだって起こらなかった。
このプロ野球の混乱を収拾するには国民投票をしようではないか?憲法改正国民投票の予行演習にもなろう。
憲法改正の時に,今のプロ野球論議ほど盛り上がるであろうか・・・
[PR]

by notarmirude | 2004-09-19 22:22 | ひとりごと
2004年 09月 19日

新球団参入障壁~独禁法に反しないの?

日本国憲法は,決して「左翼的」なものではありません。経営者の財産権・職業選択の自由・営業の自由・利潤追求の自由を認めている素晴らしい憲法です。

憲法第22条1項
 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

憲法第29条1項  
 財産権は、これを侵してはならない。

そして,新規事業者の参入を規制することは,市場主義・資本主義・自由主義に反します。

ライブドアも楽天も泡沫企業ではなく日本の顔たる企業の一つであり資本の裏付けがあります。なぜ参入を規制するのか,オールドタイプの企業経営者の反自由主義的姿勢が腹立たしいです。オリックスの代表者は日本の様々な改革の担い手ですが,この反自由主義的経営者の態度をいかにお考えでしょうか?
[PR]

by notarmirude | 2004-09-19 22:10 | ひとりごと
2004年 09月 18日

一億総懺悔

一億総懺悔・・・と聞いて黙っていては憲法サイトではありません・・・

biglobeスポーツニュース引用です。

根来コミッショナー「私の見解」


 多くを語る必要もないほど現下のプロ野球球界が抱える問題が極めて多い。

 その重要な問題の一つは、各球団のいわゆる赤字収支である。この問題は、特にパ・リーグにおいては、1949年の2リーグ分裂時からその萌芽(ほうが)があり、各般の関係者の努力にもかかわらずその後改められることなく今日に至った。

 そして今般の近鉄球団とオリックス球団の経営統合に触発される形で一挙にその抜本的改善の声が上がったのである。しかし今に至って頓服的良薬があるはずがなく将来展望を持ちつつ漸進的な方法を以て改善する他はない。そして野球組織内の検討ではその論理が優先し、偏狭な見地からのものに終わる可能性もあることから、プロ野球に理解があり、一般社会の常識、経済、法律に通じた有識者の考え方を大幅に取り容(い)れ、よりよき案を策定し、実行することが肝要であろう。以上の考慮に立って、次のような提案をする。

 なおこの案を提示するについていかなる権限に基づくものなのか、あるいは選手側との折衝過程にこのような管理権経営権に属することを提案するのが妥当であるかどうかという疑問点があると思う。第1点については、なんらの権限のないことを認めざるを得ないが、現下のプロ野球の未曽有の混乱を見るとき何らかの提案をし、その収束を図るべきものと考えた。当然自己の進退を含んで考慮した結果である。第2に、このような事項は、球団側の管理権経営権に属することであり、スト前夜というべき時期に提案する性格のものでないのではないかという点についてはこれを肯認するが、一方においてこのような改革は、三位一体すなわち球団側、選手側、野球機構が一体となって取り組むべきことであり、選手側の協力なくして成就するものでないから敢(あ)えてこの時期に、その協力を得る意味で提示したものである。

 加えて申せば、今回の件の経緯に鑑(かんが)み、セ、パ連盟構成球団内の意思の疎通を図り、密接な連携を通じて共存共栄の方途を模索すること、球団と所属選手間のコミュニケーションを活発にし、特に球団から選手に対し、球団の経営状況等を説明し、選手もまたこれらを理解することを望むものである。

 いずれにせよ今日の事態を招いたのは、社会経済情勢の急激な変化によることもあるが、経営者、選手、私を含め野球機構等関係者の責任であり、他に転嫁できるものではない。要するに一億総懺悔(ざんげ)の立場からよりよき制度運営を求めて改善を図るべきで今ストに突入することがあれば、球団がさらに疲弊し、ついには解散、倒産に至ることもあり得るであろう。一層の自重を求めるものである。

 以上

なぜ,わが国はミッドウエー海戦に敗れたのでしょう,その責任は誰に?その後の終戦の機会を奪い続けて,一億を騙したのは誰でしょう。愛国の志をもつ優秀な若者達が,アホな指令に従って死んでいきました。国を愛し散っていった若者を美化するのは結構ですが,若者を散らせた(おそらくその間旨い飯を食べ続けていた)時の権力者・責任者の断罪をまずはすべきである。「一億総懺悔」は騙しだ!それができぬ限り憲法をかえてはならない。憲法をかえたがる人達が,愛国の若者を散らせたからだ。特攻隊員を美化する人ほど,いざというとき自分や自分の家族は特攻隊から遠い場所で旨い飯を食うはずだ・・・うーん,野球と関係ない!?
[PR]

by notarmirude | 2004-09-18 19:33 | ひとりごと
2004年 09月 14日

池田小事件と死刑執行

憲法第三六条は「公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。」としているが,死刑は「残虐な刑罰」には該当しないと解するのが確立したといっていい解釈である。

ところで,死刑が確定した受刑者は複数いるが,死刑執行段階においても差別がなされてはならない。

第十四条  すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

池田小事件における被害者遺族の心中は察するにあまりある。その残忍さを考えるとき,罪を犯したものに死刑が科され,これが執行されることは当然の報いである。

しかし,死刑は国家が合法的に行う殺人行為であるから,その執行に何らかの恣意・不合理な差別がはたらいてはならないであろう。

今回の死刑執行は,異例の早さである。異例を正当化する理由は,なによりも行った罪の重大性であろう。しかし,他の(従来の例も含む)受刑者の罪もやはりこの上なく重いわけであり,その時間的差をいかに考えたのか,法務大臣は遺族は勿論国民に説明すべきであろう。

また,何よりも遺族の心情が死刑執行手続きにおいてどの様に反映されたのか,中には真実を語らぬ不遜な犯人に真実を語らせたい,あるいは,早く死なせるべきではない,苦しみを味合わせたいと考えた遺族はいなかったのか?勿論いち早く死で償ってもらうという心情が圧倒的と思われるが,遺族の心情の刑の執行段階での反映がきちんとなされているか(説明責任も含めて),政府の対応を検証する必要はあろう。

また,凶悪な犯罪者に対して,我々市民は法を遵守し,正義であり続けなければならない。凶悪な犯罪者であるからさっさと殺してしまえばいいというのでは我々も凶悪な犯罪者に堕する。私は死刑廃止論者ではない。しかし,死刑廃止論者の呈する様々な傾聴に値する意見も踏まえながら,死刑制度や刑の厳罰化・犯罪被害者の救済・被疑者,被告人,受刑者の人権・犯罪予防などを考えていかなければならない。

なによりも亡くなった児童の冥福を改めて祈る。
[PR]

by notarmirude | 2004-09-14 17:54 | ひとりごと
2004年 09月 05日

災害列島と平和憲法

台風・火山噴火・地震などわが国は災害列島である。我々は平和ボケなどしていない。日々,世界有数たる災害と闘っている。自衛隊の皆さんも闘っている。しかも不況だ。財政赤字だ。わが国には多国籍軍に参加する余裕も,集団的自衛権を行使する余裕もない。多額の国連費用やODA,有事の際の経済支援をしている。これで勘弁してくれ。9条を改正する必要も世界制覇に参加する必要もない。それよりも迫り来る大震災に国家総動員で備えるべきである。
[PR]

by notarmirude | 2004-09-05 21:02 | ひとりごと
2004年 08月 14日

金の資本の巨人軍?

読売のドン,渡辺オーナーが御退陣された。いままでもこういうことをずっとしてきたのだろう。
ここからも伺われる。読売改正憲法後の日本の国家像はまさに勝ち組負け組の二極分化,持てるものがますます富み,弱者は一生「痛みを伴う構造改革」。そして弱者の不満をそらすために軍隊をもち,仮想敵国を作り上げ,国際貢献の名の下に,更なる弱者をアメリカの手を借りながら叩く。かような国家に我が愛する日本を転落させてはならない。
もっとも,かわいそうなのは将来のある選手だ。彼は悪くない。汚い大人が純真なスポーツ選手をもてあそんだのだ。これからも野球の技能を磨いて一流選手として活躍して欲しいし,その場を奪ってはならない(これを機に巨人など辞めて,阪神タイガースに行きましょう。あるいはパ・リーグ復興に力を貸してください。)。
[PR]

by notarmirude | 2004-08-14 12:36 | ひとりごと