2005年 05月 04日

ようわからん改憲論

改憲派は、現行憲法はアメリカの押しつけ憲法だ!自主憲法制定だ!と声高に言う。しかし、9条を改正してアメリカ軍のおともをつかまつりたいと考えている。アメリカも憲法をかえろと言っているからかえようとしているのである。これが「自主」であろうか?アメリカの属国となるための改憲である。

改憲派は、自衛権は国家固有の権利であり、自衛隊は違憲ではないという。ならば憲法はかえる必要はない。

改憲派は、権利を声高に主張し義務を果たさない国民が多くなったという。義務は法律で課すものである。環境や勤労や公正な市場原理を権利のみを主張し、エゴむき出しで、社会に対する責務を果たしてこなかったのは、日本の大企業である。市民・庶民は義務でがんじがらめである。巨額の税金投入を受けた銀行はどうなるのか?中小零細事業者は自己責任をとってきた。これ以上どんな義務を課すのか?憲法はかかる傲慢な政権から国民を守る権利章典である。

改憲派は、新しい人権が必要であるという。環境権や知る権利の実現を阻んできたのは誰であろう?そんなことを言う権利は自民党にはない。

改憲派は、国を愛するこころを憲法に定めよという。将軍様を愛する国と同レベルになろうというのか?中国の抗日デモも愛国教育から生まれたものである。私は国を愛するから今の憲法を守る。

改憲派は、社会の閉塞感を打破するために憲法をかえるという。社会の閉塞感を打破するには自民党が政権から降りればよい。自民党を延命させ、地域振興券ばりにインチキな加憲をうたう公明党の罪は大きい。公明党末端支持者の良心に耳を傾けよ。
[PR]

by notarmirude | 2005-05-04 11:58 | 日本国憲法


<< 復活のやまたく      孤立する日本? >>